新品・中古品 空調機器の販売、取付け工事 買取致します

空調機器の販売・施工・メンテナンス 日昌設備工業 中古エアコン販売 業界実績No.1 お問い合わせ番号
トップページ 初めての方 工事の流れ 買取の流れ 徹底整備 アフターサービス 会社概要・アクセス
工事の流れ
洗浄の流れ
買取の流れ
安心の1年保証付き
厨房用品の日昌レイキシステム
エアコンマート
エアコン売れるドットコム
取り扱いメーカー
ダイキン
東芝
三菱
三菱重工
日立
工事の流れ
工事の流れ1
エアコン工事の第一の作業です。
室内機の寸法に合わせて天井を開口し天井下地を取り外します。
下地を外すことにより天井の強度が下がる場合は、開口廻りに下地補強を行い建物側へのダメージを無くします。
工事の流れ2
全ての開口を開け終えたところです。
今回のお客様は大型のアミューズメント施設の為、敷地面積が広く、空調機も多数導入します。
限られた工期の中で迅速、品質、安全をモットーに作業を進めていきます。
工事の流れ3
天井内及び壁面内の配管作業です。
最終的には隠れる箇所となりますが、施工後のメンテナンス的にもきれいに仕上げることが大切なことだと考えています。
工事の流れ4

室内側壁面内に配管することにより外部露出部分を減少させます。
外部配管部もスッキリしますし工事費の削減にもなります。
それぞれの現場に応じて最適な工事をご提案致します。

工事の流れ5
天井カセット形室内機を据え付けています。
今回は天井高が4mと高く、室内機も大型の為アッパーと呼ばれるリフトを使用して室内機を持ち上げます。
当社では各現場に適した工具を使用し安全を第一に作業を行っております。
工事の流れ6
室内機の据え付け完了です。
冷媒管、ドレン管、電線の接続を確実に行います。
工事の流れ7
天井パネルを取り付けました。
天井材のラインにもピッタリ収まり室内側工事の完了です。
工事の流れ8
室内側の工事を終えますと外部工事に入ります。
こちらは室内側より外部へと出した配管です。
工事の流れ9
外部まで配管作業が終えたところで、窒素による耐圧気密試験を行っています。
高圧力をかけて配管気密試験を行うことで工事ミスを未然に防ぎます。
工事の流れ10
外部廻りの配管作業です。
配管、室外機を一台ずつ接続していきます。
きれいな工事を行うことで、接続ミスも一目で判断できますので一石二鳥です。
工事の流れ11
全ての配管作業が終わりますと真空ポンプを使用して配管内の空気、水分を取り除きます。
エアコン工事において重要な作業の一つです。
末長くエアコンをご使用頂く為に時間をかけて作業を行います。
工事の流れ12
こちらはラッキングと呼ばれる配管保護カバーです。
耐久性はもとより美観的にも優れています。
工事の流れ13
外部廻りの全ての作業が終えたところです。
工事では全ての作業が仕上がりに表れます。工事業者の質が形となります。
今回は室外機スペースが限られている為、風向調整板を取り付け排熱を上方向に逃がすことによりショートサーキットトラブルを無くします。
工事の流れ14
外部作業が終える頃には店内側の他工事や搬入も終えてましたので作業が重なることがありませんでした。
全ての運転確認も終わり工事完了となりました。
この度は誠に有難う御座いました。
株式会社日昌設備工業 ページトップへ